オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

企画を身に着けて、実現力の高い技術者になろう その2 鳥瞰力を上げて採用力を上げよう

»

私のコラムがKCCSキャリアテックで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
こんにちは。KCCSキャリアテック様でコラムを連載している吉政創成の吉政でございます。

前回、技術力×企画力でエンジニア力を上げるべく、「ロジックの三角形」をご紹介しました。全ての企画は「ロジックの三角形」で構成されているので、「ロジックの三角形」を理解できると、企画の骨組みがしっかりしてきます。企画力が上がると、仕事でやりたいことを実現しやすくなるので、是非身に着けていただきたいです。

ちなみに、私はサラリーマン時代、それなりの企業の役員や部長のオファーを転職時に獲得してきましたが、必ず入社後に自分がやりたいことを企画書にして面接に臨んでました。若い時からずっと実施してきていました。面接の際に企画書を持参する人はほぼいないので、実施すれば一目置かれるはずです。特に未経験でIT業界の門をたたく人は、技術力や経験も少ないはずなので、自分がやりたいことの企画書を持参することは結構効果があるはずです。興味がある方は、是非このコラムで学んで、実施してみてはいかがでしょうか? なお、このコラムでご紹介している内容は、私の書籍「ITエンジニアのための企画力と企画書の教科書」にも書かれています。興味がある方はこちらもお読みください。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/magazine/column/yoshimasa-gijyuturyoku-kikakuryoku2/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する