オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ヤマハ新製品セミナーレポート)ヤマハ無線アクセスポイントWLX212ファーストルック

»

私が編集支援しているランシステムの黒澤一秀氏によるセミナーレポートが公開されました。
興味がある方はご覧ください。
--
 最近、筆者は「コロナチャンス!」という言葉を使うことがあります。不謹慎なことを言いているわけではなく、「物事を前向きにとらえ、大きく前進する機会だ!」という意味で使っています。例えばテレワークやweb会議という言葉は随分前からありましたし、優れた技術も沢山あったにもかかわらず、つい数ヵ月前までは伝統的な仕事のやり方が優先される場面が多かったと思います。しかし、コロナの影響で社会が大きく変わりテレワーク、web会議が推奨されることとなりました。初めはいろいろな課題がありましたが、知恵を絞りだし課題を乗り越え、前進することでコロナの前よりも合理的且つ効率的に仕事が行える場面も増えてきました。

さて、今日はコロナチャンスではありませんが、無線アクセスポイントの革命のきっかけになるかもしれない新製品「ヤマハwlx212」のwebセミナーに参加しました。まず、これまでの製品と大きく異なる点は、wlx212をLANに繋いだだけで、全てを完了することが出来てしまうことです!想像してください、全国に1,000拠点ある施設にアクセスポイントを設置しようとしたら1,000台の設定が必要になります。1日頑張って50台設定しても20日もかかる計算。そりゃー1,000回も開梱したら、段ボールで指も切りますよ。設定作業がいらないということは、エクセルで出荷依頼リストを作って倉庫から直送が出来るってことです。つまり、アクセスポイントの設定作業をテレワークでできてしまうかもしれないということ。革命的だと思いませんか!?では、どうやってこの仕組みを実現しているのかをなるべく分かりやすく説明します。

(この続きは以下をご覧ください)
https://cyber-telework.jp/archives/200

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する