オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第78回 CI環境のテストを安全に効率化するアルゴリズム(パート1)

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第78回 CI環境のテストを安全に効率化するアルゴリズム(パート1)」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

はじめに

 今回は、2019年に公開された論文「Assessing Transition-based Test Selection Algorithms at Google」を紹介します。ここでは、Google社内のCI(Continuous Integration/継続的インテグレーション)環境で収集したデータを用いて、ソフトウェアのテストに必要となるリソースを削減するために、「安全」にテストをスキップするアルゴリズムの性能評価を行っています。

Googleにおけるテスト環境

 まず、Google社内のCI環境については、第37回の記事「継続的インテグレーションを支える自動テスト環境」を参照してください。Google社内で開発されるソフトウェアのソースコードは、単一のリポジトリで管理されており、複数のプロジェクトにまたがってライブラリモジュールの共有が行われます。そして、あるモジュールのソースコードが変更されると、それに依存するすべてのソースコードに対するテストが自動的に再実行されます。1日あたり、約1万3千個のプロジェクトにおける、約80万回のビルド処理があり、それに伴うおよそ1億5千万個のテストが実行されるそうです。
 これだけのテストを実行するには膨大なリソースが必要となり、テストの結果が得られるまでの時間も長くなります。しかしながら、実際に問題が発見されるテストはごく一部ですので、「安全」と思われるテストをスキップすることで、テストに必要なリソースを削減すると共に、問題が起きる可能性が高いテストを集中的に実施することで、開発者へのフィードバックを早めることができます。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai278.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する