オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

VMware 海外動向 > 第52回 vSphereとBitfusion ~AIと機械学習の未来~

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「VMware 海外動向 > 第52回 vSphereとBitfusion ~AIと機械学習の未来~」が公開されました。興味がある方はご覧ください

###

こんにちはー。野田貴子です。今回も英語が苦手な方向けに海外の人気コラムを意訳したものをご紹介します。 VMwareの研修を検討されている方は、実績も受賞歴も豊富なCTC教育サービスにどうぞ!

※VMware研修コース 
(https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/index.html)

vSphere Tweet Chatの要約をもうひとつお届けします! 今回はvSphereとBitfusionを紹介し、この2つの統合がAIと機械学習の未来にとって何を意味するかについて説明します。みなさんからのすべての質問に答えるために、専門家のJim Brogan(@brogan_record)とDon Sullivan(@dfsulliv)に参加を依頼し、内部事情をスクープしてもらいました。彼らは難しい質問にも答えくれたので、ぜひ続きを読んで詳細を見てください。チャットの要約を以下にまとめました。

Q1. Bitfusionとは何ですか?
https://twitter.com/VMwarevSphere/status/1205186546803998721
Jim Broganより
BitfusionはGPUのために(一般的にはハードウェアアクセラレータに対しても)vSphereがCPUに対して行っていること(計算)を行います。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda52.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する