オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「小売業者がコロナウィルス(COVID-19)危機の中で検討する必要がある3つの対策(WAF)」(バラクーダネットワークス)

»

私が編集支援しているバラクーダネットワークスジャパンがコラムが公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
このブログを書いている間も、コロナウィルスパンデミックは、世界中で猛威を振るっており、私たちの生活に大きな混乱をもたらしています。政府は、米国カリフォルニア州北部の「シェルターインプレース」など、部分的および完全な封鎖を実施しています。国民は、自宅におり、物理的な店舗に行かず、オンラインで買い物をしています。私たちは、ショッピングモールと通りに人がおらず、レストランが閉店している写真を毎日のニュースで見ています。

この結果、消費の多くは物理からオンラインに急速に移行しています。小売業者は、引き続き、消費者を確保し、ビジネスを継続するために、EC(電子商取引)アプリケーションを迅速に拡張する必要があります。ビジネスの中断を最小限に抑え、一貫して顧客にサービスを提供する能力を向上させるために、どのような措置を講じることができるでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.barracuda.co.jp/3-steps-retailers-covid-19-crisis%e2%80%af%e2%80%af/?fbclid=IwAR04zyBImZikudoeGXNi7VVRBN4jMxR5jSyVg44tZLoVOtZZPJ9yGwYoHxE

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する