オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第76回 2003年当時のサーバーアーキテクチャーを振り返る

»

私がマーケティング支援しているCTC教育サービスは中井悦司氏のコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー」第76回「2003年当時のサーバーアーキテクチャーを振り返る」を公開しました。興味がある方はご覧ください。

###

■はじめに

 今回は、2003年に公開された論文「Web Search for a Planet: The Google Cluster Architecture」を紹介します。これは、17年前に公開されたもので、当時のGoogleのサーバーインフラの情報が提供されています。現在のインフラとは異なる点も多いと想像されますが、論文のタイトルにもあるように「Planet」スケールのサービスを提供するための考え方が示されており、現代的なクラウドシステムのアーキテクチャーをあらためて見直すという意味でも興味深い内容になっています。

■サーバーアーキテクチャーの特徴

 この論文の冒頭では、当時の検索システムでは、15,000台以上のコモディティPCが利用されており、次の2つの基本方針をもとにアーキテクチャー設計がなされているとの説明があります。
(1) サーバー専用のハードウェアの代わりにコモディティPCでクラスターを構築して、ソフトウェアで信頼性を確保する。
(2) 高いスループットが得られるように、リクエストの並列処理性能を高める設計を行う。
 (1)については「コモディティPC」という表現が印象的ですが、これは安価なPCであれば何でも構わないという意味ではなさそうです。この後で説明するように、当時の検索システムを動かす上で最適なCPUの構造などを分析しており、この言葉の背後には、「自分たちの目的にあったシステム構成を追求する」という合理的な考え方があるようです。(2)については、図1の概要図と共に、検索インデックス、および、検索対象のドキュメントが複数のサーバーに分散配置されていることが説明されています。特に同一のデータを複数のサーバーに複製することで、並列処理の性能を高めるとともに、障害発生時の冗長性を担保している点が強調されています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai276.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する