オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

VMware 海外動向 > 第50回 vSphereハンズオンラボを今すぐ見てみようw

»

私が編集支援している野田貴子氏のVMware 海外動向コラム第50回「vSphereハンズオンラボを今すぐ見てみようがCTC教育サービスで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回も英語が苦手な方向けに海外の人気コラムを意訳したものをご紹介します。
VMwareの研修を検討されている方は、実績も受賞歴も豊富なCTC教育サービスにどうぞ!
※VMware研修コース (https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/index.html)

VMware Hands on Labs(略してHOL)は、顧客、パートナー、さらにはVMware従業員にとって、VMwareが生産するほぼすべての製品を学び、テストし、試用するための素晴らしいツールです。HOLは、最初の一歩を始めたばかり人のためのVirtualization 101から、ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ全体のテストに至るまでのすべてをカバーしています。また、人工知能(AI)や機械学習(ML)といった新興技術のためのラボもあります。すべて完全に無料で、事前の経験は必要ありません。また、スクリプトに従う必要もありません。これらは実際のライブ環境であるため、独自のラボがない場合はこれらを使用してみなさんのアイデアをテストすることができます。HOLには数多くの可能性があるのです! 以下のリンクは短い解説ビデオです。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda50.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する