オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

クラウドはおなじような金額ならみんな同じくらいのパフォーマンスって思ってませんか?

»

私のコラム「クラウドはおなじような金額ならみんな同じくらいのパフォーマンスって思ってませんか?」が鈴与シンワートで公開されました。興味がある方はご覧ください。
--
Googleの検索順位基準に表示スピードが重要な要素になっています。私は現在、国内の大手企業からベンチャー企業まで14のサイトを担当しており、毎週のようにGoogle Analyticsとにらめっこしています。

Googleの速度ツール「PageSpeed Insight」や「TEST MY SITE」で「遅い」と判定が出ると、毎月10件以上新規コンテンツを更新していても、PV数が延びなくなったり、減少していくこともあります。特に「TEST MY SITE」はシビアな測定ツールで、WordPress等のCMSを使っていると、「速い」判定を出すのはかなり厳しく、「平均」が取れただけでも結構すごいと個人的に思っています。

「PageSpeed Insight」はページ単位の速度測定なので、個別のページで検索順位を狙うときなどは「PageSpeed Insight」でチェックしながら高速化するのが一番です。

ターゲットキーワードが多かったり、サイト全体のGoogle流入量を増やしたい場合は「TEST MY SITE」で高得点を取るのがいいです。

私は14サイトを今担当していますが、これくらい担当しているサイトがあると結構見えてきます。WordPressで例を挙げると、必勝パターンは以下です。
(この続きは以下です)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column59/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する