オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「AI時代で生き残れるのはAIに強いビジネスオーナーとAIプログラマー」

»

私がKCCSキャリアテックで連載しているコラムが公開されました。

興味がある方は、ご覧ください。

--

いよいよ本格的なAI時代が到来します。
以前もこのコラムでご紹介しましたが、世界的な金融機関であるゴールドマンサックス証券のトレーダーが600名から2名に削減され、代わりにソフトウェアでできたトレーディングロボットを大量に導入しています。
記事の本文は以下をご覧ください。

As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened
※日本語略:ゴールドマンがオートメーションを抱擁すると、マスターズ・オブ・ザ・ユニバースでさえ強迫される

日本でも同様に社員を増員する代わりに人工知能を導入する会社が現れてきました。
2020年はそういう日本企業の動きがニュースになると思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/yoshimasa/AI-Programmer.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する