オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

サラリーマンがインフルエンザを決定的に防ぐ簡単な方法

»

mask_kafun_woman.png

インフルエンザ流行していますね。

サラリーマンのインフルエンザ感染源はとても多いです。エスカレーター、エレベータのボタン、ドアのノブ、会議室の机などなど、、、、、ドアノブやエレベーターのボタン、会議室の机などは触らないと仕事にならないような感じです。

一般的に言われている防御法は手洗いうがいなのですが、目からうろこのたった一つの情報をお伝えしたくこのブログを書いています。

お伝えしたいのはインフルエンザの菌は布などの柔らかいところに付着してもすぐに死亡してしまうが、金属やプラスティックの部分には24時間以上生きているということです。

多くの人が触る、エレベーターのボタン、ドアノブ、スイカのタッチセンサーの場所などはかなり危険です。

サラリーマンの方がインフラエンザを効率的に防ぐ簡単な方法をお伝えしますww

78686742_2857192547624122_4437626490162511872_n.jpg

へ???

という感じですが、金属の部分に触れないのが一番です。手袋でもいいですけど、普段手袋をしていると変な感じなので、私はこんな方法でドアを開けてます。

バカみたいな解決方法ですが結構効くはずです。

もちろん、うがい手洗い、お茶をまめに飲むなどの方法も有効です。それはやった方がいいですけど、金属に触れないのが一番だと思った次第です。

まぁ最も一番効果があるのは免疫力を上げることですけどねd

興味がある方は是非試してみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する