オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

未経験者の転職で失敗するパターンは勉強が終わってから転職活動するパターン

»

私が編集支援している佐々木晶子氏のコラム「未経験者の転職で失敗するパターンは勉強が終わってから転職活動するパターン」がKCCSキャリアテックで公開されました。
初心者向けのコラムです。興味がある方はご覧ください。

###
先日、ある展示会に参加してきました。
その展示会の出口を振り返ると、オブジェには「YOU」の文字が浮かびがる仕組みになっています。その意味は、「次に実現するのはYOU」ということだそうです。
次にIT業界に転職するのは「YOU」となるといいですね。

さて、私は採用マーケティングも複数の会社で支援しているので、いろいろなパターンを見ています。
成功する転職、そうでない転職様々です。
その中で多くの人が発言もしているのに、未経験で転職する多くの人がはまってしまう、失敗例を紹介します。
時間の無駄使いなので、本当に以下のようなことをやめた方がいいです。

それは何かというと、、、

「勉強がひと段落してからIT業界への転職活動をはじめよう」

これです!資格に受かってから転職活動しようとか、この本を完全に理解したら転職活動をしようという方がたまにいます。それはそれで、立派です。
本人も勉強もしないで面接してもボロが出るなどと考えて、準備して臨む方がいます。
新聞に出てくるようなIT用語を知らないのであれば、その程度は勉強した方が良いと思いますが、その分野に素人な方が独学で学んでもたかが知れています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/sasaki/mikeikenn-tennsyoku-shippais.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する