オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

高速化ツールは用途を考えて採用するべき

»

私のWebビジネス千里眼コラム第29回「高速化ツールは用途を考えて採用するべき」がディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

--
Webサイトの所有者は単純に高速化したいという要望があります。思いとしては単純で、サイトの表示速度が速くないと、離脱率が上がったり、そもそも見にくいのWebサイト閲覧者の満足度が下がるからです。そして、Googleの検索順位を決めるうえで、表示速度は重要な要素なので、表示速度が遅いと検索順位が上がりにくかったり、順位が下がっていきます。

しかし、この表示速度を決める原因は多岐にわたります。高速化するツールがいくつかありますが、その原因とツールがマッチしないと高速化しません。表示速度を決める原因を大きく分けると以下になります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/11/29/wexal%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0-2/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する