オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

あてにならないと言われている年金さえも貴重な収入源になる引退後。合い方がなくなって一人になっても独身でも一人暮らしは超大変。生活のためのシルバー結婚がはやりそう。

»

皆さんは年金の受給金額を計算したことがあるだろうか。

年金なんかあてになんねー!俺は働く!といっている方は、それはそれでいいのですが、90歳になっても100歳になっても働けるかといえば、なかなか難しいですよね。いつかは突発的な死を迎える以外は誰もが死ぬ前に非労働時間がきます。

医療が発達してい行くのでなかなか死ねない老後を送りそうです。

そして年金受給金額は必ず下がっていきますよね。

結婚して、二人とも存命であれば、二人分の年金をもらえます。

持ち家で、ローンが終わって入れば暮らせそうです。

その状態で片一方が亡くなってしまうと、いきなり年金の受給額は半分になります。

一人分の年金の金額は月額10万円前後になりそうですよね。

持ち家がない場合、5万円の家賃に住むと、5万円で暮らさないといけないです。

一食300円で1か月2万7千円。残り2万7千円で電気、水道、ガス、服などなどで暮らすのはかなりきついです!!

そんな老人があと20年30年もすればあふれそうな気がするのです。

その時代は、生活ための共同生活というのがはやりそうです。

そうなる前に、持ち家を持っておきたいですね。

非労働の収入もほしいですね。

自給自足もしたいです。

などいろいろ考えていると、我が家は我が家で何とかしないと!

と言うことで、我が家というか私が勝手に考えている老後のプランは以下です。(うまくいくといいなぁ)

・将来別荘で暮らして自給自足(家庭菜園+釣りで暮らす)

・東京に家を二軒貸して、家賃収入で、収入を補う

これができれば、私に何かあってもかみさんは生きていけるかも。

そんなことを考えています。

休日ということで、とりとめのない話でした。

それでは今日はこの辺で。

※コメントをされてもコメントが見れないような設定にしましたので、みれません。意見を言いたい方はご自身のSNSでどうぞ。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントやインスタを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

https://www.instagram.com/tokyofly04/
※Facebookのほうはキャリアネタのコラムをフォロワーに公開しています。
※プライベートはインスタを見るとわかります。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する