オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

GRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第13回「DXへの取り組みとERPのクラウド化」

»

私が編集支援しているGRANDIT 高橋昇氏の「レガシーERP」からの脱却第13回「DXへの取り組みとERPのクラウド化」が日商エレクトロニクスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
ユーザー企業でのクラウド活用はもはや当たり前になりつつあります。最近のシステム導入の多くは「クラウドファースト」を前提にしており、今後はクラウド化を視野に入れないシステム基盤はないと言ってもいいでしょう。ただし、現在のクラウド化の目的や狙いの多くがハードウェアなどのインフラコストを下げたいという「コスト削減」が中心で、企業の競争力強化や収益力向上を狙った「攻めのIT」化に向けて、クラウド活用を前提とした導入はまだ少ないようです。

それでは「攻めのIT」化に向けた導入検討が少ない理由はなぜでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2691

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する