オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

国内と世界のERP市場シェアは混沌。利用者に合わせて多種多様なERPが選ばれる時代へ

»

私のERPコラムが日商エレクトロニクスで公開されました。

「国内と世界のERP市場シェアは混沌。利用者に合わせて多種多様なERPが選ばれる時代へ」

興味がある方はご覧ください。

###

「Top 10 ERP Software Vendors and Market Forecast 2017-2022」が発表されている。

この表を一言でいえば、トップ10のERPの合計シェアが約1/3であり、その他が2/3ということだ。元SAPの社員であり、マーケティングと営業を担当していた経験でいえば、もっとSAPのシェアが多く、圧倒的なイメージがあった。しかし、今回のデータでは、イメージとはかなり違う。ちなみに日本市場はどうかというとこちらもその他が40%を占める状況である。トップはSAPだ。

SAPはベストプラクティスが強みの世界で一番シェアを持つERPではある。ベストプラクティスはほぼノンカスタマイズで使ってこそ、ベストプラクティスの良さが出るというものだ。しかし、日本のSAPユーザの傾向としてアドオンを多用した構築をしていることがある。そのようなお客様は膨大なアドオンのバージョンアップ費用がばかにならず、投資してきた莫大な費用により捨てることも厳しく、ベンダーロックインされている会社もある一定数存在している。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2700

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する