オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

海外RPAコラム「AIが法律業務を変革する態勢を整えるためには」(野田貴子氏)

»

私が編集支援している海外RPAコラム「AIが法律業務を変革する態勢を整えるためには」(野田貴子氏)が日商エレクトロニクスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
Thomson Reutersは企業や専門家向けの世界有数のインテリジェント情報源であり、「今後数年以内に、われわれは人工知能の採用がもたらす法律業務における革命の最前線に立っていることがわかるでしょう」との展望を述べました。

この傾向はデータに裏付けられています。リーガルテック、特にAIへの投資は、2017年には2億3,300万ドル、2018年には記録的な10億ドルに達しました。

法律の専門家たちはTechnology Assisted Review and Predictive Codingを完全に活用して、Da Silva Moore v. Publicis Groupe et alで法的に認められ急速に増加している、訴訟につきものである電子情報の開示コストに対処していますが、AI技術の採用は他の業界より遅れる傾向にあります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2635

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する