オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

健康経営の始め方

»

私が編集支援している人気社労士の川島孝一先生のコラム最新号がオムロン ヘルスケアで公開されました。

「健康経営の始め方」

興味がある方は是非ご覧ください。

###
これまでのコラムで、健康経営銘柄や健康経営優良法人などの内容について紹介してきました。今回は、健康経営を始めるためには、社内でどのような手順で進めていけば良いかを説明したいと思います。

<健康経営を進めていくためのステップ>

「経済産業省商務・サービスグループヘルスケア産業課」が作成したパンフレットによると、健康経営を進める手順は4つのステップにわかれています。

ステップ① 「健康宣言」を実施する。

最初のステップは、健康経営を経営理念の中に明文化し、企業として取り組む姿勢を社内外に発信することです。

従業員の健康を経営課題としてとらえて、健康経営に取り組むためには、経営トップがその意義や重要性をしっかり認識してその考えを社内外に示すことが重要です。たとえば、健康経営を推進している会社の社長がヘビースモーカーだったり、あるいは運動をまったくしないといった状態では、社外はもちろん社内に対しても説得力がなくなります。健康宣言を作成して公表するだけでなく、経営トップがジョギングをしたり、健康診断を率先して受けるといった姿勢を見せることが重要です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/kawashima201909

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する