オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

どこのスクールを選ぶかは講師で選ぶべき。見分け方は?

»

私が編集支援している佐々木晶子氏のコラム「どこのスクールを選ぶかは講師で選ぶべき。見分け方は?」がKCCSキャリアテックで公開されました。興味がある方はご覧ください。
ssk1909.jpg
###
こんにちは。
佐々木晶子です。暑い時は山!ということで高尾山に登ってきました。皆さんの夏はいかが過ごされましたでしょうか?

もしかしたら夏前に何か決意をされた方もいるかもしれません。
ITの勉強をしてIT業界に転職しようという人もいるかもしれません。

ぶっちゃけですが、未経験からIT業界に転職!と歌っているスクールさんは割と多いですが、卒業しても未経験で採用してくれる企業って結構少ないですよね。頑張って勉強しても結局配属が営業で、プログラミングの仕事ができないなんてこともあります。

私が所属する吉政創成株式会社はPythonやPHP、Ruby on Rails、Arduinoなどの試験を運営しているので、様々なスクールの状況を見ています。
もちろん、スクールを卒業して未経験からIT会社でプログラミングの仕事をしている人もいます。でもそうでない人もいます。いろいろ話を聞いていると、未経験からIT会社に就職し、プログラマーで働いている卒業生が多いスクールにはある特徴があることに気が付きました。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.kcct.co.jp/careetec/column/2019/sasaki/ITschool-koushi-erabikata.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する