オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

OSSを企業として安全に使うには

»

私のコラムがディーアイエスソリューションで公開されました。興味がある方はご覧ください。

###
OSSが日本で知られ始めた創成期からOSS関連のマーケティングの仕事をしています。もうすっかり、経歴は20年を超え、OSS業界の中ではベテランマーケッターの域になっております。

当時よく話をしていたのは「非OSSのソフトウェアは料理で、OSSは材料です。材料なので、OSSは腕のいいシェフが料理しないとおいしい料理は食べられません。」というような内容です。

あれから20年以上の時が流れました。当時の料理の材料だったOSSは進化して、素材だけでもおいしくいただけるようにはなりました。OSSも進化し、今や高機能、高品質なソフトウェアになりました。

とはいえ、OSSはまだ材料なので、全く知らない人が扱えるものではないです。社内に専門家がいる場合はその人に依頼すればよいですし、そうでない場合は、社外に保守を委託するべきと思っています。WordPressやLinux、PostgreSQL、MySQLなどなどメジャーなOSSはかなり品質が上がっているので、詳しくなくてもトラブらない限りは、簡単にインストールでき、運営できるレベルになっています。しかし、OSSはどこかのメーカーの製品というわけではないので、保守はどこかと契約するか、自分で何とかするしかないのです。トラブルの時に対応できる専門家と契約をしないと、障害時に復旧に時間がかかったり、復旧させることができない時があるのです。それゆえに、保守が必要だと考えています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2019/08/29/oss%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する