オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

雪国で燃料費を4割減らしたAI活用

»

私がオムロン ヘルスケアで編集支援している鈴木良助氏のコラム「雪国で燃料費を4割減らしたAI活用」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
「札幌は人口十万人以上の都市の中では、世界第2位の降雪量」。このことを数年前に海外メディアが報じたランキングがちょっとした話題になった。ちなみに一位は青森市、三位は富山市だ。繰り返しになるが、これは世界ランキングであり、四位になるとやっとカナダのセントジョンズが登場する。これらの大都市は雪と付き合いながら暮らしていく必要がある。

そんな札幌を擁する北海道で人工知能活用(AI)に取り組むのが北海道ガス(北ガス)技術開発研究所だ。北ガスが北海道大学調和系工学研究室川村秀憲教授との共同研究によって目指すのは、融雪システムの高度化である。AIの活用により生々しい地域の課題を解決し、経済的な効用にもめどをつけた事例を、同研究所の武田清賢工学博士に聞いた。

(この続きは以下をご覧ください)
https://datahealthcare.omron.co.jp/series/suzuki201909

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する