オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)

»

私が編集支援している中井悦司氏のCTC教育サービスコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第63回 仮想デスクトップシステムのGCP移行プロジェクト(パート2)」が公開しされました。興味がある方はご覧ください。

###

はじめに
 前回に引き続き、2019年に公開されたエッセイ「From Corp to Cloud: Google's Virtual Desktops」を元にして、Google社内の仮想デスクトップ移行プロジェクトを紹介します。今回は、仮想デスクトップ環境の要件や移行プロセスなど、具体的なプロジェクトの内容について説明します。
仮想デスクトップシステムの要件
 このプロジェクトでは、仮想デスクトップシステムの設計にあたり、次の4つを主要な要件として定義しました。
(1) 社内ネットワーク上にある物理ワークステーションと同じ方法で、開発環境などにアクセスできる。
(2) 仮想デスクトップ用のインスタンスは、既存のインベントリー管理システムで管理される。
(3) ログイン認証、パッケージアップデート、操作ログ管理などのセキュリティ機構を実装。
(4) 規定の範囲内において、ユーザーの指定する構成で仮想デスクトップを作成可能。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai263.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する