オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

お子さんの夏休み最後の思い出に:ららぽーと豊洲前で簡単なシーバス(スズキ)釣りはいかがでしょうか?

»

10172590_781906655152732_1925662778.jpg実は釣り日記を公開していまして、その中に「子供に大物を」というコーナーがあります。今日のはその一つを紹介します。

夏休みの最後の思い出に、ららぽーと豊洲前で簡単なシーバス(スズキ)釣りはいかがでしょうか?

おもちゃのような釣り道具で簡単に釣れる方法を紹介しています。

興味がある方はご覧ください。

###

場所は豊洲ららぽーとの前です。ららぽーとの前に船着き場がありますよね。そこを左に進み、釣り可能な場所まで行きます。釣り可能な場所は左側の突き当りから先になります。(L字のところに看板が出てますので確認ください)豊洲ララポートの前のところは歩きやすいですし、ららぽーとにはトイレもありますので、子供連れにはぴったりです。

toyosu.png

まず釣る日程から決めましょう。釣りをする日程は「大潮カレンダー」を検索し、大潮の日を選ぶと釣れやすいです。そうでなくても釣れますが、大潮の時が一番釣れます。

時間は夜がいいです。人も少ないですし、シーバスの活性が上がります。

釣り道具は、どこでも売っている海釣り用のリール竿セットで十分です。(釣具屋さんで売っている千円とか2千円ので十分です)糸はナイロン3-4号くらいがいいです。その先にオーナー(OWNER) メバル弾丸夜光 JH-83 1.0g #8を 結んでください。そして、その針にマルキューパワーイソメ極太(ピンク)をつけて、針先から3㎝くらい垂らしたところで切断して出来上がりです。パワーイソメはゴムでできているので、触っても気持ち悪くないです。エサはパワーイソメでも釣れますが、一番釣れるのは、生きたイソメ、青イソメ、ゴカイなどです。エサの付け方は同じです。触れる人はそっちの方がいいです。ちなみに水面から波止場まで距離があるので、3mくらい伸びる長めのたも網がないと釣りあげることができません。たも網の準備も忘れなく。

釣り方はあとは、波止場のへり際(本当に水際ぎりぎりから50㎝くらい以内の場所:足元に落とす感じです)に、そのパワーイソメを落としていき、底についたら、リールを1回巻き止めます。その後、たまに竿先をちょんちょんと揺らして、また止めて、当たりがなければ、リールを二巻きくらいしてしばらくしてアタリがなければ、2mくらい横に移動して同じことを繰り返すだけです。

魚がいれば、パワーイソメを加えて走るので、すぐにわかります。あとはリールを巻いて手元に寄せてください。

シーバスはかなり引きますので、十分楽しめます。

さて、釣った後、食べたいという方もいると思います。東京湾もだいぶ綺麗になり、食べられるようになりましたが、海の底にいるシーバスは食べても美味しくないといわれています。今回の釣り方はそこのイソメを食べるシーバスを釣る方法なので、食べても美味しくはないと思いますよ。(水面の上のほうを泳ぐ魚を食べるシーバスはおいしいかもしれません)

さて、このシリーズは今後私も改良していきますので、続報を期待してください。

また、お金に余裕がある方は船とガイドさんをチャーターして釣りに行くのもありです。ルアーを投げれる子供の場合は、こっちのほうが楽しいかもしれません。すごいのが釣れます。興味がある方はこちらをご覧ください。

それではまた~(o^-')b

その他の釣り日記をご覧になりたい方は以下をご覧ください。

https://www.yoshimasa.tokyo/lakeflyfishing/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する