オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第59回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート2)

»

私がマーケティング支援支援しているCTC教育サービスが中井悦司氏のコラム「第59回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート2)」を公開しました。興味がある方はご覧ください。

###
 前回に引き続き、2018年に公開されたエッセイ「Canary Analysis Service」を元にして、Google社内で活用されているカナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service(CAS)」を紹介します。
 前回は特に、ユーザー(アプリケーション開発者)視点でのCASの利用方法を説明しました。ユーザーがモニタリング情報の取得先を登録すると、具体的なモニタリングの項目やカナリアリリースが安全であることの判定基準は、CASが自動判別する仕組みになっています。今回は、このような自動化を実現する、CASの内部アーキテクチャーを紹介します。
CASの内部アーキテクチャー
 CASを構成する内部コンポーネントは、図1のようになります。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai259.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する