オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

VMware 海外動向 > 第43回 GPUアーキテクチャーの探求 ~なぜGPUが必要なのか~

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「VMware 海外動向 > 第43回 GPUアーキテクチャーの探求 ~なぜGPUが必要なのか~」が公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###

こんにちはー。野田貴子です。今回も英語が苦手な方向けに海外の人気コラムを意訳したものをご紹介します。 VMwareの研修を検討されている方は、実績も受賞歴も豊富なCTC教育サービスにどうぞ!
※VMware研修コース (https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/index.html)
画像処理装置(GPU)は、グラフィックスを重視するアプリケーション、たとえば3DモデリングソフトウェアやVDIインフラストラクチャを実行する際に使用されるハードウェアデバイスとして主によく知られています。消費者市場では、GPUは主にゲームグラフィックを高速化するために使用されています。今日、GPGPU(汎用GPU)は、現代のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の世界においてコンピューターワークロードを加速するためのハードウェアの好手となっています。
HPC自体は、機械学習(ML)、ディープラーニング(DL)、人工知能(AI)のようなワークロードを処理するプラットフォームです。GPGPUを使用するのはもはや画像認識を必要とするML関連の処理だけではありません。表形式データの処理もまた、ヘルスケア、保険、金融業界の分野で一般的な課題なのです。しかし、なぜこれらの種類のワークロードすべてにGPUが必要なのでしょうか。このブログ記事では、GPUのアーキテクチャについてと、GPUがvSphere ESXi上で実行されているHPCワークロードに適切である理由について解説いたします。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/vmware/columns/noda/noda43.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する