オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第57回 Testing on the Toilet ―― 「トイレ」を活用した情報共有の取り組み

»

私が編集支援しているグーグルのクラウドを支えるテクノロジー第57回「Testing on the Toilet ―― 「トイレ」を活用した情報共有の取り組み」がCTC教育サービスで公開されました。

人気コラムニスト中井悦司氏のコラムです。興味がある方はご覧ください。

###
 今回は、2019年に公開された論文「Do Developers Learn New Tools On The Toilet?」を紹介します。直訳すると「開発者はトイレで新しいツールを学ぶか?」という奇妙なタイトルの論文ですが、これは、「TotT(Testing on the Toilet)」と呼ばれる、Google社内の情報共有の取り組みについて、その効果を分析した論文です。技術者間での情報共有には、さまざま方法や取り組みがありますが、世界のGoogleオフィスで行われている、少しユニークな取り組みを紹介したいと思います。

◆TotT(Testing on the Toilet)とは?
 TotTを一言で説明すると......、実は「トイレの貼り紙」です。図1は、実際のTotTの例ですが、C++のフォーマッティング・ツールについて、その特徴や使い方を1ページにまとめた内容が記載されています。このツールを開発したエンジニアが、テックライター(技術文書専任の編集者)と共同で作ったものです。Googleオフィス内のトイレの個室には、このようなニュースレターが掲載されており、定期的に新しいものに貼り替えられます。もともとは、テストツールの活用を促進するために始められたため、「Testing on the Toilet」という名前がついていますが、現在では、テストツールに限らず、さまざまなツールの情報が提供されています。

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai2/nakai257.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する