オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Winidows Server2008とSQL Server2008のEOS対策の特効薬はMicrosoft Azure+クラウドERPへの移行

»

私のコラム「Winidows Server2008とSQL Server2008のEOS対策の特効薬はMicrosoft Azure+クラウドERPへの移行」が日商エレクトロニクスで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
SQL Server 2008/2008 R2やWindows Server 2008/2008 R2のサポート終了時期が1年を切っているというのに、20万台近いサーバが予算や人員不足の理由で、移行しなければいけない状況なのに、移行する目途がついていないそうです。

脆弱性をついた攻撃は、大規模のお客様や小さなお客さま等、企業規模に依存せず、無作為に一斉に行うのが通常です。脆弱性があるのに、放置されているサーバは確実にターゲットになります。そして、状況によっては、サーバがロックされてしまい、身代金を要求されることも十分あり得ます。個人のスマホがランサムウェアに感染して、身代金を要求されても、そのスマホを捨てればいいですが、企業のサーバは捨てるわけにはいかないですよね。そして、怖いのが身代金を払っても復旧する保証はありません。私がハッカーだったら、2重3重にもしかけて、1回目で身代金を要求し、振り込まれたら、その数日後に別のウイルスが起動するようにして、何度も何度も身代金を要求するようにします。

(この続きは以下をご覧ください)
https://erp-jirei.jp/archives/2347

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する