オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

宮崎悟氏の「UnuntuでZFSを使ってみよう」第6回「DRBDでZFS ボリュームを同期する」

»

私が編集支援している宮崎悟氏の「UnuntuでZFSを使ってみよう」第6回「DRBDでZFS ボリュームを同期する」がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
前回では、ZFSのファイルシステムやボリュームを作成する方法を説明しました。今回は、Ubuntuという部分を全面に出して、DRBDで2つのサーバ間のZFSボリュームを動悸する方法を紹介したいと思います。

◆DRBDとは

[DRBD]は、TCP/IPネットワークを通じて複数のサーバ間のHDD(パーティション)をミラーリング(複製)するソフトウェアで、HAクラスタでのディスク同期によく使用されます。DRBDは主なLinuxディストリビューションのみをサポートし、SolarisやBSD系のOSをサポートしません。

◆DRBDのインストール

今回Ubuntu18.04へインストールする際に、[LinbitのDRBD9 stack]を使用します。2台のUbuntu18.04+ZFSを用意し、以下の手順でPPAの追加、およびDRBDとlinstorというストレージの構成管理システムをインストールします。

```
sudo add-apt-repository ppa:linbit/linbit-drbd9-stack
sudo apt update
sudo apt install -y drbd-utils python-drbdmanage drbd-dkms
sudo apt install -y linstor-client linstor-controller linstor-satellite
```

今回は、以下の構成としています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/03/ubuntu-zfs/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する