オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

コラム「クラウド市場シェア最新版が公開されました。単一利用はリスクが高い件」

»

コラム「クラウド市場シェア最新版が公開されました。単一利用はリスクが高い件」をデジタル・ヒュージ・テクノロジー公開いただきました。

クラウド市場データの最新版が公開されましたね!

今回は、Synergy Research Groupの市場データで2018年Q3データです。本当にできたてのほやほやです。

このデータはパブリッククラウドのIaaSとPaaSのシェアを指していますが、上位は予想の通りAWS、Microsoft、Googleという順になっています。APAC(アジアパシフィック)はAlibabaが入っていますが、これはほぼ中国ですよね。調査カテゴリとしてはAPAC中国抜きと中国に分けたほうがいいように思えます。理由はAlibabaがAPAC全体でシェアを伸ばしているように勘違いしやすいからです。調査データの基本はわかりやすく誤解は生まないのが基本だとは思いますが、もともとこのカテゴリでやってきたのでしょうから、途中で変更しにくいような気がしています。

さて、以前もこのコラムでご紹介した通りAzureの猛追がすごいです。市場成長率を超えており、前年比で2倍近い伸びをしているのはMicrosoftだけです。オリンピックを終えたころに、このペースだとAWSとAzureが並ぶ可能性が高いです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/11/cloud_share/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する