オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

上級PHPコラム『Standard PHP Library(SPL) イテレータ インスタンス編』(PHP上級試験対策)

»

PHP技術者認定機構の吉政でございます。

私が企画し、PHP技術者認定機構の認定スクールであるヒューマンリソシアが古庄親方のPHPコラム『Standard PHP Library(SPL) イテレータ インスタンス編』を公開しています。

今日から仕事始めの方も多いのではないでしょうか?

一年の計は元旦にあり!ということで、この一年はしっかりPHP勉強して、腕を上げたいという人は以下もご参考ください。

###
前回はコードを提示してみましたので、今回はそのコードの中身について見ていきたいと思います。
ここで普通に思うのは「foreachって配列に対して反復処理をする構文じゃないの?」という疑問です。

至極最もな疑問なのですが、PHPのマニュアルには以下のように書かれています。
http://www.php.net/manual/ja/control-structures.foreach.php

    foreach は、配列を反復処理するための便利な方法です。 foreach が使えるのは配列とオブジェクトだけであり、 別のデータ型や初期化前の変数に対して使うとエラーになります。

「foreach が使えるのは配列とオブジェクトだけ」はいちょっとびっくりするポイントですね。

さて。お次は「もう少しびっくりする」コードを見てみましょう。
(この続きは以下のコラム本文をご覧ください)
http://resocia.jp/column/294/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する