オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

スーパーエンジニアのコラム「リンスカム 」

»

おはようございます。吉政創成の吉政でございます。

私がプロデュース支援しているCTC教育サービスのテクニカルコラムでスーパーエンジニアのコラム「リンスカム 」 を公開いただきました。

++

 ティム・リンスカム(ティモシー・リロイ・リンスカム、Timothy LeRoy Lincecum)は、サンフランシスコ・ジャイアンツ(San Francisco Giants, SF)のピッチャーです。

 2007年にプロ初登板してデビューを飾りました。デビューから傑出した活躍で2年目の2008年と翌年2009年と連続でサイ・ヤング賞(Cy Young Award)を二度受賞しています。彼は大リーグの選手としてはさほど上背も無く中肉中背の体格ながらも、投球フォームは振りかぶって体躯をダイナミック にしならせた下半身を身長より大きくストライドをして全身の力を白球に全て伝導するかの如く投げ込むもので、そこから放たれたボールは正に剛速球でありま す。
 その気合の入った剛速球に打者が気合負けするかのように奪三振の山を築くのが彼のプレースタイルです。センターに設置されたカメラから中継 される映像では、投球フォームから豪快にボールを投げ込み打者のバットが空を切りキャッチャーミットに吸い込まれるのと同時に、リンスカムが投球後にベー スボールキャップからはみ出た伸びた後ろ髪をなびかせて脚を大きく回して着地する姿が印象的でありました。そして彼の背番号55は「ゴジラ」こと松井秀喜 選手と同じであり直ぐにも記憶に定着されます。

 筆者の個人的な趣向ではありますが、球団ではなくピッチャーとして、その独自の信念と全身全霊で持ちうる魂を表現する投手といえば、「炎のストッ パー」こと津田恒実選手(広島東洋カープ)や「トルネード投法」の野茂英雄選手(近鉄バファローズ、ロサンゼルス・ドジャース、他)が特別な選手として挙 げられます。そしてリンスカムのあの豪快なフォームから投げ込む勇姿に彼等と同じ魂の息吹を感じていたのです。

この続きはコラム原文をご覧ください。
http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/super/super25.html

なお、このコラムはCTC教育サービスのメルマガで最新情報をお届けしています。興味がある方は是非お申し込みください。メルマガの申し込みはこちらからお願いします。メルマガでは、キャンペーンやセミナーの情報もお届けしています。

その他のコラムついては以下をご覧ください。
 クラウド時代のオープンソース実践活用
 仮想化の歴史と機能  
 Hyper-Vの部屋
 ワークスタイルを変革する技術とクラウド  
 Ruby & Rails
 スーパーエンジニアの独り言         
 Inst. Tech View  
 技術者のためのほにゃららら  

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する