オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

雪が降ったら車のワイパーをあげておく最大の理由

»

さて、関東地方の今日は大雪です!

雪国育ちの私がアドバイスいたします。

(というほど大げさなことではないです。すみませんw)

雪が降ったらワイパーをあげてきましょう。

何故かって、それは以下の2点です。

1.ワイパーのブレードと窓ガラスの間の水分が凍結し、貼り付き、ワイパーが動かなくなることの防止

2.そのブレードを剥がそうとすると、ブレード面が傷むからです。
ブレード面が痛むと、ふき取り効果が減少します。

ちなみに、ワンボックスカーなどのフロントガラスが垂直に近い車は付け根が痛むので、ワイパーが垂直になった時にエンジンを停止させ、雪がそのまま下に落ちるようにしたほうが良いそうです。ワイパーをたてると歩行者に危ないのでやめたほうが良いみたいですね。

もう一つおまけですが、砂埃が多い場所ではワイパーをたてておいた方が、ブレード部分に砂がたまりにくく、ワイパーが長持ちするそうです。

あと、雪になれてない人は、スタッドレスを履いても、車で出かけるのはやめましょう。リスク高すぎです。皆様交通安全に心がけましょうね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する