オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

インフルエンザ予防接種の効果 1回目で64%、2回目で94%の意味

»

風邪をひけない人は、多いともいます。
仕事ができるできないにかかわらず、風邪はひかないほうがいいですよね。

インフルエンザならなおのことです。

周りの人にかなり大きな影響を与えるからです。

そんなこともあり、毎年インフルエンザの予防接種を欠かさず受けるようになりました。

医療関係のページを見ると、最近の論文では、成人の場合、1回接種だと予防効果が64%、2回接種だと94%だそうです。94%ということは逆に6%の人が2回接種してもかかってしまう可能性が有るということらしいです。

この予防効果は、抗体ができるできる可能性で、成人ですと、そもそも過去の病歴から免疫力があって、1回でだいたい64%の人に抗体ができるそうです。
また、流行するインフルエンザウイルスは年ごとに変化するので、昨年2回接種したからと言って、今年大丈夫というわけではなく、やはり2回接種の方が確実だそうです。

※詳しくは以下をご覧ください。
http://www.azm.or.jp/infull.html

インフルエンザに気を付けましょう!
予防接種も大事ですが、手洗いうがい+マスクは本当に効くと思います。
日頃の予防が大事です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する