オルタナティブ・ブログ > 吉政忠志のベンチャービジネス千里眼 >

IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「多少」とは「多い」か「少ない」か、両方の意味かどっちでしょうか?

»

という事で調べてみました!

辞典によると、以下の通りでした。

名詞として使うと、、、

1 数量の多いことと少ないこと。多いか少ないかの程度。「―にかかわらず、ご注文に応じます」
2 《「少」は助字》多いこと。たくさん。

副詞で使うと、、、、

数量のあまり多くないさま。程度のあまり大きくないさま。いくらか。少し。「―難点がある」「―遅れるかもしれない」

つまり「多い」と「少ない」の両方使えるという事ですね。

以上、今日の家庭内日本語チェックで議論した件でした。 勉強になりましたww
カミさんが私の仕事の日本語チェックを行うようになり、カミさんの日本語力がかなり上がってきてます。社業としてはいいこと。。。。。かな??

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。ほぼ100%情報公開しているので、フォローするだけで全部見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する