オルタナティブ・ブログ > talk to oneself ~サッシ屋さんの独り言~ >

これからの未来がどうあるべきか、我々自身がどのように変わっていかなければならないのかを、会社を経営する“2代目の視点”から、ビジネスのことをはじめ興味のあることや社会に対して感じていることを書いていきます。

はじめまして

»

 はじめまして。神藤佳浩といいます。
 大阪の岸和田というまちで、建物の窓(アルミサッシやガラスなど)について設計施工をする会社を経営している2代目です。

 今、日本という国は過去の高度経済成長の時代から、よくも悪くも成熟し衰えて行く国になろうとしています。会社を経営する2代目からの視点で、これからの未来がどうあるべきか、どのように我々自身が変わっていかなければならないのかを、書いていければいいなと思い参加しました。基本的に日々の出来事から興味のあることを引っ張り出し、そのことについて自分の考えを書いていこうと思います。

 興味あること、そしてこのブログに書いていきたいな~と考えていることは、

  • 仕事のこと
  • 日々の出来事のこと
  • 政治状況のこと
  • Appleをはじめとするパソコン業界のこと
  • 社会貢献活動のこと
  • ゴルフのこと
  • その他個人的趣味のこと

などなどです。

 建築業界というのは、過去の高度経済成長の時代とは全く経営環境が変わってきています。その激動の時代の中で、新しい時代にあった方向に会社を変えていかないと、遠からず社会に存在できなくなっていく危機感を感じています。そのなかで社会に対してアンテナをはり、自分の感性を磨く中で、会社という組織を変えていこうとしている部分を書いていければいいなと考えています。

 といいながら、ほとんどの日々の更新は、個人的に興味のあることが多くなると思いますが、よろしくお付き合いください。

ではでは。

Comment(2)

コメント

さわだ

学生のころ、「2代目は初代よりも大変」という言葉を、会社を経営している方々から何度も聞きました。
当時はその本当の意味がわかっていなかったのですが、自分が仕事をするようになり経験を重ねるにつれて、なんとなくちゃんと理解できるようになったのかな…と感じています。2代目(それ以降もですが)には、「初代より売上・収益が落ちてはダメ」、「今までと同じではダメじゃないけどあんまりよくない」、「さらに新しい発見や工夫が必要」、「もちろん従業員の給料も…」などといった、初代にはない『暗黙の重圧』がかかってくるからです。
初エントリーへのコメントにしては少々重苦しい感がありますが(汗)、私の兄も「2代目」なので、神藤さんとは業界も地域も違いますが、なんとなく親近感が湧いたのでした。
今後のエントリーも期待しています。

神藤佳浩

コメントありがとうございます。初めてのアップで初めてのコメントうれしいです。
確かに、世間で言われているほど2代目も楽ではありません。おそらくほとんどの企業は、企業の寿命と言われる30年を経過しているでしょうし。ということは偉大な先代と比較されながら新しい会社を作り上げていかなければならないというプレッシャーと戦い続けなければなりません。
そんな部分もブログに書いていければと思います。よろしくお願いします。

コメントを投稿する