オルタナティブ・ブログ > talk to oneself ~サッシ屋さんの独り言~ >

これからの未来がどうあるべきか、我々自身がどのように変わっていかなければならないのかを、会社を経営する“2代目の視点”から、ビジネスのことをはじめ興味のあることや社会に対して感じていることを書いていきます。

自分以外のもののために。

»
ワールドカップで印象に残ったシーンが、国家斉唱の時みんなが肩を組んで歌っていたこと。

記事で読んだのですが、これは闘莉王が提案してくれたことだそうです。

帰化までして日本人になってくれた彼だからこそ、国歌を通じてみんなの気持ちを一つにすることが、チームとしてすごい力になることを感じていたんだと思います。

今、個性を大切にという風潮が強いですよね。でも人間って自分のためではなく、自分以外のもののために活動している時の方が、すごいことができるだと僕は信じています。少なくとも日本人のメンタリティはそこにあると感じます。

今回の代表は、まさしくそれだったんじゃないでしょうか。
そしてそのきっかけの一つが、国歌斉唱だったような気がします。
願わくば、この国歌斉唱のスタイルを新しい伝統として、これらのの代表にも引き継いでいって欲しいです。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する