オルタナティブ・ブログ > 加藤順彦|Asian視座で未来予想 >

ニッポンの景気対策の本命、『日本企業のアジア進出・アジア資本化』を支援しています

あの人の視座でいこう  ~follows listってアイデア

»

   ※今回は、twitterやってる人しか読む意味ありません。

このブログのタイトルでもある 視座 というコトバの意味は 大辞泉によると
物事を見る姿勢や立場。
とあります。
文字通り『アジア全体を面で捉えて視てほしい』という加藤の想いを文字に置換しております。

加藤はシンガポールに移住してから、日頃お逢いできなくなる皆さまへの近況や心境の報告ツールとして、先ずこのブログを、そして09年に入って以降は本格的にtwitter/facebookを活用してきました。

twitterは当初は自分の思うことをつらつらとtweetするためのツールでしたが、09年3月くらいからは私自身が興味関心を抱く皆さんが日頃想い感じていることも重要な情報、と思いフォローしてきました。このブログを書いている11月8日現在、加藤が追っているTLは71名に及んでいます。

加藤は平行してfacebookではリアルの友人知人の皆さんをぼんやりと追いながら、twitterでは主に『リアル生活ではまったくor殆ど接点のない』人を中心にフォローしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
先日、麻布十番で
堀江貴文ちんと呑んだとき、彼から「誰かtwitterでフォローして面白いひといないですかね」というネタグリがありました。なるほどブブカ編集部(BUBKA_henshuubu)とかは僕のフォローから見つけてくれたようでした。

実はタカポンと加藤のフォローしている人はかなり重なっています。それは一方で僕も彼が誰をフォローしているのか2週間に一度くらいはチェックしてたからです(笑)。

ふーん、と、ある意味に当たり前なその事実についての会話は、その場で終了していたのですけど、

ちょっと間を空けて
先日はじまったリストというtwitter新機能を、僕なりにどう使おうか、考えていた時にひとつ閃きました。

実はここ2ヶ月くらい、加藤の中で 彗星が如くマイブーム になっていた超個性派政治家である田村耕太郎(kotarotamura)氏は一体、なんで、どういう経緯で、ナニ喰って、こうなっちゃったんだろう・・・という探究心というか、ファン心理を充足するために、

彼の「視座」に立てば、
 なにか ものの考え方が分かるんじゃないか。脳味噌の中が覗けるんじゃないか。
ということに気づいたのです。

つまり 彼とまったく同じTLを視る、のです。
リアル世界での田村氏の眼球を、加藤が共有することは現代科学ではまだ出来ないですけど、サイバー世界で彼の眼球が追っているTL(世界)なら共有出来るぢゃないか、と。(非公開tweet以外ね)

そこで、もう一個twitterのアカウント(qstonet)作って、田村氏がフォローしている人全員をリストにしてみました!
おおぉ、やっぱ面白い。田村さん毎日これ見てんのかぁ。ウヒヒヒヒ

折角なので、ついでに
僕が追いかけてる方々の中からタカポンtakapon_jp)も、池田信夫ikedanob)さん
GREEよっしーtanakayoshikazu)も、フリービットの石田宏樹atsukiishida)シャチョー
も、細田守hosodamamoru)カントクも、ミクシィ笠原kasaharakenji)さんもリストにしちゃいました。

みんなもやりましょうよ、follows list。
-follows でお尻共通にすると検索もしやすいです。無駄を防ぐためfollows list作ったら、ソレを共有するとかどぅよ?。

コレすごくね。例えばさ、彼女が見てるタイムラインを覗くとか、流行るかも、とか妄想したり。

ここまで読んで、(´Д`)ハァ…って、面白くなかった人、どーもすいません。では股。




<追伸 11/8 3;30>
実は・・・上のブログを↑ポスト↑した途端に@kurihei さんからDMがあり、自分の興味のある人が眼を通しているTLタイムラインを覗くだけならpipesという米Yahoo!がやっているサービスがあるということを教えていただきました。!!!世の中広い。
アハハ、これなら動的にfollow/remove追えますねぇ (苦笑)。人力アップデイトがきついとか限界を感じていたので。

僕はこのfollows listが普及すると、自分が追っている人を同じように熱心に追っている人とのコミュニティが形成できちゃったりすると、それはそれですごいな、とか思ってました。次のステージではそうなっていくのかしらん?
http://twitter.com/ykatou

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する