オルタナティブ・ブログ > ヤンチャな日々 >

いいものはいいと素直に受け入れ、理想に向かって努力する「ヤンチャ」な日々

とんがってがんばる

»

昨日(2010年12月12日)の日経新聞朝刊で「社会人」(第101話)に取り上げられていた、「文字通訳ソフト」の開発者「栗田茂明さん」とは、一時期いっしょに仕事をしたことがあります。25年以上前のことですが、その頃からソフトウェア開発に対するセンスや考え方が、他の方より頭ひとつ飛び抜けていらっしゃいました。だからでしょうか、栗田さんとの仕事は、おもしろく、刺激に満ちたものでした。

その後、仕事場や職自体が変わってしまったため、いまでは年賀状をやりとりするくらいの付き合いでしかなくなってしまっていますが、今回の日経新聞に取り上げられた内容を読むと、「昔と何も変わらずに、とんがってがんばって」いらっしゃるんだなぁ〜と、(ちょっとだけ)感激しちゃいます。人って時間が経ってもあまり変わらないし、時間が経っても変わらない人が魅力的ってことなんでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する