オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

久々に古いARBを聞く

»

先日i-Tuneを何気なく見ていたらARBの古いアルバムを発見しました。私が大学生とか高校生のころなので、もう20年も前のものですが、久々に聴いてみました。アルバムは、Fight it outが収録されているYellow Bloodです。

音楽的にはまだまだ荒削りですが、やはり勢いのある頃のアルバムは一味違う!という素直な感想です。曲が良いとか、演奏が上手いとか、そのような表現ではなく、純粋に勢いを感じますし、音楽もごりごり押してくる感覚です(そんなかっこよさに引かれて、大学時代はコピーでバンドもやってましたが・・・)。

他のバンドやミュージシャンもそうなのですが、古い時代や、デビュー間もない時期には、音楽を演奏することに餓えている感じがひしひしと伝わってきます。決して上手ではなく、決して名曲でもなくとも、演奏しているミュージシャンの思いや力の入りかたがアルバムを通して伝わってきます。

ARBのこのアルバムにもそんな感覚を引出してもらいました。

その後休止期間を経て、再結成してバンドとしての活動を行なっていますが、やはり大人になりすぎてしまった感があり、個人的には昔のARBのソリッドさや荒削りさが大好きです。

いろいろCDでも手に入りそうなので、収集していきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する