オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

プラスの「ケシポン」の売れ行きが好調なようで

»

家に送られてきたダイレクトメールや定期購読雑誌が入っていた袋に貼られている宛名ラベルの始末は結構面倒です。シュレッダーにかけることが望ましいのでしょうが、つい手で破いたりして捨ててしまうこともあります。特に雑誌の場合にはビニールの袋に宛名ラベルが貼ってあるため、手がかかります。

昨年プラスから発売された「ケシポン」はそんなちょっとした手間を省いて、個人情報を安全に保護してくれる商品です。スタンプ(シャチハタスタンプのようなもの)を宛名ラベルの上から押印すれば、そこにプリントしてあるパターンによって印字されている文字が解読できなくなり、そのまま捨てても情報を保護してくれるというものです。

オフィスにも良いですが、個人宅でも欲しくなる商品ですし、価格としてもノベルティにちょうど良いのではと思います。但し、現在は売れ行き好調で、供給不足なようです。

このご時勢、「個人情報を守ること+そのための手間を省くちょっとしたアイデア」は、やはりビジネスのアイデアとしては大きいものに化けるという実例でしょうか。是非一度お試しください(とは言っても入手できるのでしょうか・・・)。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する