オルタナティブ・ブログ > IT業界のマーケティングを問う >

戦略、プロモ、広報など実務から見たマーケティングをお話します

ファミレスであっても最低限のマナーは守って欲しい

»

久しぶりにファミレスで食事をしました。混雑していない時間に一人で入ったため、待たされることもなく、落ち着いて書き物でもしながら食事をしようと思って入りました。

店内は予想通りすいていましたが、思わぬ落とし穴が。

それは、母親が2名と子供が3名の組で、子供が空いている横の席に繋がっているソファの上や、店内を走り回ったり、ソファーの上で飛び跳ねたり。そのうえ親はビールを飲みながら話に夢中、で気が付いてもたしなめるだけ。

その上、年末だからでしょうか、上司と部下がPCを広げ、大きな声でお客さまへ売り込みの電話中。その状況が終始続いていました。

私にも子供がいますし、仕事もしていますので、ファミレスという場所がら子供が常に静かなままで大人のマナーではいられず、多少うるさくなってしまうこと、電話に出ることなどを完全に排除することまでは無理だと思いますし、回りも許容していると思います。しかしながら、食事をする場所で、(大声で)電話をし続ける、子供が走り回る(それもソファーの上)、という状況を放置することもどうかと思います。いくらファミレスであっても、お客さまに最小限のマナを守ってもらうように、注意することもサービス(?)の一環として必須なのではと思います(ちなみに、店員はまったく関心の無いように横を通ったり、注文の品を配膳したりしていました)。

要求するマナーのレベルはお店のコンセプトや方針によって差があることは当然ですが、最低限というレベルに関してはきちんと対応して欲しい、というよりもマニュアルに書いてしまえばよいのではと思います。いくらメニューに凝っておいしい食事でも、店員が慇懃なほど丁寧でも、マナーを逸脱している人を放置することですべてマイナスに相殺されてしまいます。

もう少しだけ、客観的にお店の中を見て、サービスを規定して欲しいと思います。

Comment(6)

コメント

Toms

店員の質にもよるかもしれませんね。
以前同じくファミレスで暴れ(?)ている子供に対して目線を落としてやさしく説明している女性店員さんがおりました。
(詳しい説明内容は忘れましたがその後子供は納得したようで割とおとなしくしておりました)
かなり若いというのに、そんじょそこらの親よりも余程子供の扱いに慣れている感じでした。

保母さんの経験なんかがあるのかなと思いましたね。

あそこまでの対応が店の教育によるものだとはなかなか思えません^^;

ALPHACRUISE

お怒り、失望は御尤もです。小生も店内を暴れ回る子供、それを関知しない親。周りを気にせず電話をかける10代の少年少女。よく見ます。もう、そうしたマナーという概念は日本には存在しないのではないのでしょうか?店員が注意しても親や10代の客と喧嘩になれば店員の側が不利ですよね。
 以前、スーパーのATMでお金を降ろそうと機械を操作していたら、子供が小生の暗証番号を覗き見しました。小生は怒って、後ろに並んでいた親に「注意して下さい。」と言いましたが、「子供のする事ですから気にしないで。」との事。流石に警察を呼びました。期待出来ないのは政府や官僚だけではありません。

こーいち

店員が無視しているのは、余計なことには巻き込まれたくないからでしょう。
親からは「人の子を勝手にしからないで」と。携帯電話している人からは「俺は客だ」と。

自分はそういう状況が耐え難く、日中~夜間・休日はファミレス等には入らないです。
もっぱら、コーヒー休憩や軽食には落ち着いた喫茶店とかですませます。

ハカランダ

最近は、ファミレスだけでなく、住宅街の安い居酒屋に行くと子供連れの夫婦が来ていることがあります。仲間とゆっくりお酒を飲みたいと思っていても、店内で嬌声を上げられたり、周りを走り回られたりすると、大人だけの時間を楽しめません。居酒屋は、基本的に成人が飲酒を楽しむところなので、20歳未満お断りの看板があった方が良い。法律で取り締まる前に、経営者が自主的に行ってもらうと良いと思っています。

ご無沙汰してます。
1つの原因は、多分にそういう「放置プレイ」ができる子供連れの唯一の食事場所がファミレスという認知が一定数の家族客に存在し、それによってファミレス経営が成り立っている店舗が結構あるのではないかと思っています。
ハカランダさんが言われている居酒屋はその理論からすると「侵害」になるようにも思います。いずれにしてもファミレス経営はこれでいいのかという疑問は幼児を抱える私からしても問題だと思っていますが、残念なことに自分と妻の考え方は、私の家族内においても微妙にずれているようです。

なかじま

ファミレスではないですが、子供のスイミングスクールに行くと、休憩場所といて乳児~小学生を連れた親子連れが休憩できるような広めの場所があるのですが、「危ないので走ったりふざけたりしないでください」と張り紙がしてあるにもかかわらず、で子供が走ったりしている場合があります。
当然注意する親もいるのですが、ほとんどの親はおしゃべりに夢中で注意もせずという状況。2歳くらいの子供が走るならまだしも、小学生でも走っていたりすると、とっても危ない。しかも、乳幼児がそれなりの数いる場所で小学生に走られたりすると、乳幼児の親からすると非常に怖いわけです。
場所的に職員のいる場所から離れており、職員の目が届かないということもありますが....うーん、という状況です。

ということで、私は自分の子供が走ったりするのは当然、知り合いの子供にも注意しますし、全く知らない子供でも目に余ると注意しますし、それでも直らなかった子供には一度腕づくでねじ伏せて注意したことがあります。
あとは、自分の子供に注意するときにわざと大声で自分の子供を注意しない親とその周りに聞こえるように「走るなと張り紙がしてあるんだから走るな!」といったりします。

あとファミレスの認識は「放置プレイ」が出来る場所というより「子連れでも入りやすい店」(ベビーチェアがある、子供用のメニューがある等)で、「放置プレイ」できる場所ではないんですけどねぇ。

コメントを投稿する