オルタナティブ・ブログ > キャピタリストの視点 >

ベンチャー企業の成長について、現場で思うこと

沢尻エリカと上原仁

»

噂のカップル、ということではなく、ここ数日ネットを賑わしている二人です。
どうなるマイネットジャパン--ニュースの価値判断を必要とする上原氏
エリカ様HPで「責任取る」 これは「引退宣言」なのか

「おれは低俗なニュース好きじゃないんだよね。特にあったかなかったかもわからないような芸能ニュースもどきでアフィとかランキングとかに誘導するようなのはマジ気分わるい。このまま低俗なネタしか集まらないサイトになるんだったら一旦閉じようか。」という上原仁さんの発言は、語調も含めて刺激的な内容で一気に炎上しましたが、同日にポイントの加点方法の変更を発表があったりして、ホリエモンばりの「釣り」疑惑も生じました。
しかし、謝罪のエントリーを書き込むとともに、コメントにそれぞれ丁寧な返答をしたこともあり、炎上から一転、Newsingの好感度UPに落着しつつあります。

一方、沢尻エリカさんは、和田アキ子さんやワイドショーのバッシングのなか、舞台挨拶でも悪態をついたことで、ネット上での批判が相次いだため、「諸悪の根源は全て私にあるもので、それを踏まえた上で、責任を取る考えです。そしてなにより今回の一件で、多くのファンの皆様を失望させてしまった事は、明らかに私のファンへの裏切りです。女優として、表に出て表現する人間として、プロとして、あってはならない事で、そして人として、まだまだ未熟だったゆえの事だと思います」という謝罪文を掲載し、ブログを閉鎖してしまいました。

注目する人数の差はある(上原さんでは、視聴率は取れない)ものの、炎上に対する対処法として、大変興味深い出来事だと思いました。
やっぱり、正直に誠実に一人一人と向き合うことが、一番の解決方法だと思います。そういうスタンスを貫きながら、言い逃れの出来ないネット世界で、発言を続けていきたい、と思っています。

(追記、10月5日)
4日、沢尻さんの独占インタビューがテレビ朝日で放映されましたが、悪態の原因について明確な説明はなく、沈黙10分、大泣きに終始したようです。
エリカ様沈黙10分、大泣き「今後の演技で責任取る」だって
涙が武器にならない上原さんは、男はつらいよ、というあたりでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する