オルタナティブ・ブログ > トラパパ@TORAPAPA >

IT、特にコンサルに携わる方々を癒すメッセージを、ついでに趣味のダーツ話も交えて・・

劇薬だとわかっていても、あえて手を出さざるを得ない状況もある。触れたら火傷するし、近くで嗅いだだけで気分が悪くなることがわかっているのに・・・

»

どんなにスキルが高くても、人間性がプロジェクトのキーパーソンに馴染まなければ、機能しないので意味がない。

かと言って、そのスキルはそれでも、プロジェクトにとってとても重要だ。

劇薬だとわかっていても、あえて手を出さざるを得ない状況もある。

だから、自分の判断で、その人にはいてもらうのだが、活用の仕方は一苦労だ。

触れたら火傷するし、近くで嗅いだだけで気分が悪くなることがわかっているけど・・・

本当なら自分がその劇薬に替わって、良薬として機能できたらいいのだが、残念、そうはなれないので、やはり選択肢は自ずと決まってくる。

猛獣は使いこなしてナンボだ。同様、劇薬とはいっても、なんとか使いようを考えて、活用しないと、やはりプロジェクト全体でみたら、それが必要なアクションなんだと思う。

できるだけ火傷しないよう、自分が盾になる覚悟はある。あとは仲間の決断だけだ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する