オルタナティブ・ブログ > PAGES TO THE PEOPLE >

企業のWeb担当者からWeb制作会社で働くウェブデザイナーに向けて、ウェブサイトに関わるインフラからCMS、今後の動向を含めて業界の裏事情や最新トレンドを書きます。

ジーンズの街 岡山・児島から産まれた斬新なiPadケース

»

スクリーンショット 2014-07-24 14.49.39.png

ケースにしっかり梱包され、さながら高級デニムのよう

デニム好きの人なら必ず知っている街、岡山の児島。デニムの聖地とも呼ばれる土地で、テレビなどで児島ジーンズストリートの名前を耳にした人もいるかもしれません。児島ジーンズストリートなども有名です。

そんな児島からワクワクする製品が出てきました。それがこのデニムを使ったiPadケース。多くは語る必要はないでしょう。見て直感に響いたら、衝動的に買う。そういうものの一つです。

IMG_6335.JPG

iPadを入れるとこんな感じになります。

IMG_6339.JPG

IMG_6338.JPG

 

iPadだけではなく携帯や付属品もポケットに収納可能

さらにポケットに携帯とかも入れられます。鞄のなかでよく携帯をゴソゴソと探してる人にはちょうど良いかも。

※携帯はauのGALAXY S5。5.1インチなので、大きさはiPhoneの1.2~1.3倍のスマートフォンです。

IMG_6342.JPG

背面はすっきりとしてます。

IMG_6344.JPG

紐でケースを閉めると見た目がガラりと変化する

付属品として、替えの止め具?とヒモもついてます。これ、いいですね。こういうのが切れた時に結構困るんです。

IMG_6343.JPG

この付属品の紐を常時つかってこんな感じで閉めることも可能です。私は個人的にこちらのほうが好きです。

IMG_6345.JPG

値段は児島デニムにしては安い?

さて、気になる値段ですが、¥9,180円。iPadケースとしては多少割高かもしれませんが、児島のデニムと聞くとかなりお値打ちなんではないでしょうか。

詳細は下記販売サイトに記載されてますので、興味のある方はチェッックしてみてください。

OneMe Store 倉敷児島ジーンズiPadケース

スクリーンショット 2014-07-25 9.07.11.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する