オルタナティブ・ブログ > てくてくテクネコ >

顧客サービスとITのおいしい関係を考える

ジャストシステムにがんばって欲しいぞ

»

世間はお盆休みですね。弊社は平常通り営業しています。今年は東名高速の通行止めで、車で西に帰省される方はたいへんだと思います。事故のないようにご注意ください。

13日付でジャストシステムの2009年4-6月期の連結決算が発表されました。四半期の最終損益は8億3,800万円の赤字でした。

決算短信によると:

  • デスクトップ事業では、シンプルで使いやすいデザインを採用し操作性の向上を図った「一太郎」や、より高い変換精度を実現した「ATOK」が前年同期を上回る実績を上げたことに加え、「Kaspersky」や「ホームページ・ビルダー」など他社ブランドの寄与もあり、前年同期比9%増の11億36百万円となりました。
  • 「一太郎ガバメント」「ホームページ・ビルダー」「Shuriken」が前年同期を上回る実績を上げたライセンス事業では、当第1四半期連結会計期間から小学校向け学習支援ソフト「ジャストスマイル4@フレンド」などを販売開始しましたが、前年同期に比べ文教向けソフトウェアが伸び悩んだ結果、計画通りの売上高ではありましたが前年同期比11%減の6億23百万円でした。
  • OEM事業全体では、供給先の携帯電話市場の低調と当第1四半期のPC出荷台数の大幅減少などにより、前年同期比38%減でしたが当初計画を上回る1億円となりました。
  • 「InternetDisk」サービスを中心とするネットビジネス事業は、計画通り推移し、前年同期比12%減の1億21百万円でした。
  • 「xfy」「ConceptBase」を中心とするエンタープライズ事業は、企業の設備投資抑制が影響して前年同期比17%減の1億58百万円となりました。
  • JustSystems Canada Inc.におけるXMetaL事業の売上高は、前年同期比52%減の69百万円でした。

とのことです。

自分自身は、ATOKやメールソフトShurikenを仕事で毎日使っています。このブログはxfy Blog Editorで書いています。でも、一太郎は持っているだけで、使っていません。仕事関係となると、やはりMS Wordになってしまいます。一太郎は、MS WordとOpenOffice等のオープンソースオフィス製品に挟まれて、今後さらに厳しいところではないかと想像しています。

ATOKを携帯会社にOEMするビジネスは、携帯市場の縮小に引きずられているようです。これからATOKを乗せるモノとしては、AndroidとGoogle OSでしょうか。パソコン以外の機器が増えると、そこにATOKのビジネスチャンスがありそうです。

私の考えるジャストシステムのブランドイメージは、パソコンの黎明期から続く日本語処理の老舗です。この厳しい時期を乗り切って、黒字になって復活して欲しいです。

Comment(2)

コメント

ATOKがんばってほしいぞ。
ガラパゴスで無意識に使ってるだけですが。
大阪弁が堪能やねん。

テクネコ

マイクロソフトでさえ今後は今のパソコンの形にこだわりがないようです。ジャストシステムもパソコン以外の多様化するデバイスにATOKを載せることが生き残りの道ではないかと考えます。

コメントを投稿する