オルタナティブ・ブログ > Software Development >

ソフトウェア製品開発現場の視点

クラウドの標準化の動き

»

浦本さんの記事で Open Cloud Manifesto というものがあるのを知って、アクセスしてみた。以前ブログに書いた、そして UC Berkeley の Above the Clouds という論文に書かれていた、特定のクラウドを選ぶとそのクラウドサービスに運命を握られてしまう lock-in の問題に対する回答も目的の一つになっているようだ。まずは、こういった動きがかなり速い段階で出てきたことに驚いている。マーケティング効果的にはすぐに実効性がでると思うが、技術的な方向性がばらばらで、それぞれ思惑がある各クラウドサービス提供者が、どの程度まとまるかは興味のあるところである。

このメンバーに入っている日本企業はまだないようだが、リスクはないようだし、少なくともマーケティング的効果としての利用価値はあると思われるので、クラウドや SasS をビジネスとしている企業は、まずは入っておいたほうが良いように思う。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する