オルタナティブ・ブログ > Speed Feed >

モバイルシフトとソーシャル化によって変化するネットの世界を、読者と一緒に探検するBlogです。

オガワカズヒロ本、好調です。

»
オガワカズヒロ名義で出した初の著作である「ソーシャルメディアマーケティング」がようやく増刷になった。
この本が発刊されたのは2010年2月だから、8ヶ月ぶり、ということになる。
前書きでも書いたのだが、通常インターネット関連書となると、賞味期限が非常に短く、発売後3ヶ月もすると内容が古びてしまうものだが、僕たちは2015年でも読むに耐えることを目標に書いた。従って、ソーシャルメディアの説明やソーシャルメディアの使い方、あるいはそうした事例などは実は最低限にとどめ、あくまでソーシャルメディアが現実に消費者の購買行動に大きな影響を与えている事実をふまえ、ソーシャルメディアと企業活動の新しい関係の樹立と、それによる(マスメディア活用を含む)さまざまなマーケティングの根本的な戦略を記したつもりだ。要するに、ソーシャルメディアマーケティングとは、ソーシャルメディア全盛時代における、マーケティングの基本戦略なのだ。

実際、最近になっても、本書にたくさんの付箋やマーカーで印をつけたうえで読みこなしてくださっている方によく出会う。実際に僕たちの営業上も非常に役立っている本なのだ。(革命家=ベンチャーなら本を書け、と本書で強調しているゆえんでもある)

まだお読みいただいてない方でも、ぜひ手に取っていただきたいと思っている。学生の就職活動などにも活かせるとも思う。


そうだ、ついでに改めて告知。

オガワカズヒロ著書第二弾「ソーシャルメディア維新」もいよいよ本日より書店に並び始めた。
Facebook vs Googleを論理の軸として、ソーシャルメディア時代の今後を解説している。
Grouponなどのフラッシュマーケティングについても触れている。
ぜひ、ご一読を。


Comment(1)

コメント

アジケト

こんにちは ご無沙汰しております。
ご活躍ですね。
一過性ではない物事を考えるってのは大事なことですよね。

こちらはCOP10終了で一息ついたところです。
というか、一時のメディア狂騒は台風一過、
もう二度とないでしょう、一過性だ(笑)。

コメントを投稿する