オルタナティブ・ブログ > 理想のガジェットを求めて >

Windows Phone の最新情報を紹介しながら、理想のガジェットを模索する日々の記録です

WG-N10 ライトペン

»

WG-N10はバックライトがない。そのため、暗いところでは書けない。

それを克服するためのものを探していたのだが、今回見つけたのがライトペン。ペン先がLEDで光ペンである。

WP_20130504_002

まず試してみると光がむちゃくちゃ強い。なんでもキャップの先はレンズになってて、キャップをつければペンライトとして使えるとか。そりゃ強いわ。

WP_20130504_003WP_20130504_004

使っている電池は LR44 x3ということで、流石に3Vあれば光るだろうから、LR44 1つ分の代わりになるダミー電池をアルミ箔を丸めて作り真ん中に入れる。これで光が少し弱くなった。写真で見るほど中心の光は強くないです。

WP_20130504_005WP_20130504_006

さて、スタイラス化ですが、手じかにアクリルの棒があったので作ってみました。アクリルの棒をバーナーで熱して伸ばす。そして切る。そして先をやすりで滑らかにする。ここペンの命です。

 

WP_20130504_008WP_20130504_010

出来たので入れてみる。あら、ペン先が出ない。なるほど先端はある程度細くないと行けないのね。そしてその細いところの長さでペン先の長さが決まる、と。ということで削ります。

WP_20130504_015image

入れてみた。完成!自分でいうのもなんですが結構書きやすいです。

WP_20130504_017

ということで試します。真っ暗でも書けます。が、周辺だけが明るくて快適とは言えない。LEDで光らすなら、液晶から5cmくらいのところから照らすとちょうどいい。(写真右、中央の光は肉眼ではほぼ無い)

WP_20130504_018WP_20130504_019

さて、今回はペンが太くなったのでペンフォルダーも太くした。ペンホルダーステッカータイプビジネス

WP_20130504_022WP_20130504_021

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する