オルタナティブ・ブログ > オープンな日々 >

1年345日程度オープンソースについて考える一営業の戯言

IoT Asia in Singaporeで思ったこと

»

とっても久しぶりの投稿です。

先日シンガポールで開催されたIoT Asiaにブース出展してまいりました。

弊社は工場向けの人の動きを見える化して工数を管理するMosPファクトリータイムを展示しました。

カラーバーコードを利用して作業者があまり意識せずにどのロケーションで作業しているかを把握するシステムなのですが、来場者はほとんどカラーバーコードにだけ興味を持つという状況でした。。

業務システムなどはローカル色が強いため、海外にはあまり向かない印象を受けました。

また、一緒に展示した相模通信工業では宇宙向けのプリント基板を展示しました。

こちらのうけがとてもよく、質問の中には「実際に打ち上げたらいくらかかる?」なんていう質問もあり、資産を持った人たちは今後個人でサテライトを打ち上げるようになっていくのだと実感しました。

日本の展示会よりも来場者が積極的で、細かい質問までいただけるので、とても出展しがいのある展示会でした。

英語でフォローメールを送り、次につながるようアクションをおこしていきたいと思います!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する