オルタナティブ・ブログ > Chris Dingの思惑ブログ >

Think Smart/ do what computers do not

iPodで中国語勉強

»

Podcastのランキングを見ると、上位ランクに英語学習番組が多いことに気がつく。Podcastは外国語を勉強するには、有効なツールになりつつあると言えるだろう。

ある言葉の勉強者数(非母語)は、その言葉を母語とする国の経済の発展に強く左右される。今、中国経済の著しい発展に伴い、世界中に中国語を勉強するブームが起きていると言われている。最近、なかなかしっかりした中国語勉強のためのPodcastステーション(ChinesePod)も現れた。中国語を勉強し始めた人にとっては、とてもよいリソースだと思う。

中国語について、まだ何も考えたことはないないが、興味は持っている人には、関西大学の内田先生の特別講演を見ることをお勧めする。

内田先生によれば、世界中各言語の使用人口は次のようなっている。

「世界がもし100人の村だったら、17人が中国語をしゃべり、9人は英語を、8人はヒンディー語とウルドー語を、6人はスペイン語を、6人はロシア語を、4人はアラビア語をしゃべります。これでようやく村人の半分です。あとの半分は、ベンガル語、ポルトガル語、インドネシア語、日本語、ドイツ語、フランス語などである。

公用語話者: 英語=14億、中国語=10億、ヒンズー語=7億、スペイン語=2.8億、ロシア語、フランス語、アラビア語、ポルトガル語、マレー語、ベンガル語、日本語、ドイツ語・・・
国連公用語: 英語、フランス語、ロシア語、中国語、スペイン語、アラビア語」

Uchida_1

 


Comment(5)

コメント

中国語、いいですよね。私もブログに少し書いていますが、昨年から中国語を勉強しています。

ただ、中国人の友人は皆が英語がとても堪能なので、いまだ私の中国語の出番はありません・・・(爆)。一生懸命同僚に話しかけても、発音が悪いのと声調が間違っているようで、英語で聞き返されてしまう状態です。

NHKの中国語講座もときどき聞いていますが、今はiPodにピンズラーの中国語を入れて聞いています。ユーキャンの回し者ではありませんが、ピンズラー方式はなかなかいい感じです。

Chris Ding

きょこさん、ピンズラー方式はどういうところがいいですか?最近外国語学習方法に興味を持つようになり、いろいろと調べています。

ピンズラーのよいところはテキストなしで学習できるところと、復習しなくてよいところです。

学習が進んでいくタイミングで「○○は覚えていますか?」と以前に習ったところを忘れそうになる絶妙なタイミングで何度か聞いてきますので、自動的に復習できるうえ、テキスト不要なので本を開く場所のない満員電車でもOKです。欠点は音だけなので、漢字が覚えられないことです。

翔泳社のDBマガジンに私のコラムが連載されており、もうすぐ発売の最新号にて、ピンズラーとカランメソッドという2つの学習法について触れています。もしご興味ありましたら、是非ご一読ください(少し宣伝ですみません)。

Chris Ding

ありがとうございます!折角のご紹介ですから、購読させていただきます。

Chris Dingさん、始めまして、JPCHINSESPODの沈です。当サイトをご紹介していただきまして、ありがとうございます!これからももっと品質向上するように頑張ります。もちろんChris Dingさんからも色々貴重なご意見を頂きたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを投稿する