オルタナティブ・ブログ > 広報コンサルティング+ライターで独立しました >

メルコの広報→イーレッツの面白グッズ担当?を経てiPRを設立

日本シリーズ開幕

»

アイピーアールの奥川です。日本シリーズが開幕しましたね。
 プロ野球人気には陰りがありますが、巨人-西武と人気チームなので関東地区はそれなりに盛り上がってるのでしょうか。巨人-西武で思い出すのは「史上最高の日本シリーズ」と言われる昭和58年の対戦ですね。サヨナラゲームが3戦、視聴率40%など歴史にも記憶にも残るシリーズでした。詳細はこちらを読んでください
 私は入社1年目ですでに仕事をしていました。当時は後楽園と西武球場で全てデーゲームだったと思います。営業車のAMラジオで聞いていた記憶があります。営業でソニーへ行った際、守衛さんの受付を済ませて駐車場に駐めたところで試合が盛り上がって、数分間聞き入ってしまいました。担当者が打合せ室で待っててくれて「時間かかりましたね」と言われてしまいました。
 第7戦は雨で1日遅れて月曜日。最後のバッター篠塚が内野ゴロに終わった瞬間は蒲田辺りの商店街の電器屋で、多くの通行人に混ざって街頭テレビ(状態)で観たのを憶えています。

 10月22日、東京出張のついでに巨人-中日クライマックスシリーズ第2ステージの初戦を観てきました。2日前、20日に阪神に勝ったので、予想通り新橋のチケット屋さんには(阪神ファンの?)チケットが大放出されていました。試合当日の午後でしたので、半値近くになっていました。席によっては1000円。一人でいくのもイマイチなので、某IT系企業の偉い方を誘って3塁カメラマン席のすぐ後ろの席(A席7000円が約半値)を購入しました。

Img_0023s 東京ドームCS第2ステージ初戦

Img_0060s テレビカメラのすぐ後ろの席

 ドラゴンズの先発は個人的に応援している山本昌。試合は接戦の末中日が勝ちました。最終的には巨人が勝って日本シリーズ進出を決めたのですが、中日ファンとしても、まぁ順当な結果かなって思っています。

Img_0044s ベンチ前でウォームアップする山本昌投手

 昨年から始まったクライマックスシリーズですが、今年はそのお陰で3位争いをする中日と広島は盛り上がったと思います。CSがなければ首位から10ゲーム以上離れて消化試合でしたから、その点ではCSの採用は評価できると思います。

 反面、もし中日が勝って日本シリーズに進んだら、「12ゲーム差、貯金3でいいのか」って感じですね。今年からアドバンテージが採用されましたが、最終ゲーム差が5ゲーム以上あったら第1ステージにもアドバンテージがあってもいいのかなと思いました。
今年の場合、CS第1ステージは阪神に1勝のアドバンテージ。中日は2連勝しないと第2ステージに進めない。
CS第2ステージも7戦(アドバンテージで6戦)じゃなく5戦(アドバンテージで4戦)でいいと思います。リーグ優勝チームは2勝で日本シリーズ進出となります。CS第1ステージの勝者は3勝1敗が必要ですから、今年の4勝2敗より厳しくなります。長いシーズンを勝ち抜いたチームにもう少しアドバンテージがあった方がいいと思います。
(以前パリーグで最終ゲーム差が小さかったらプレイオフって年があったと思います)

 今年はリーグ1位同士の対戦になったので問題なしといった感じですが、プロ野球ファンとして、よりよい仕組みで来年以降も盛り上がって欲しいと思います。

※個人的にはF1ブラジルGPの方が気になっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する